ゴルフに良い保険

ゴルファー保険は内訳によって保険料が変わる

ゴルファー保険には内訳があり、ホールインワンと傷害と損害の保険構成になっています。ホールインワン保険の部分はまさにホールインワンとホールインワンより難しいアドバトロスを実現した時に支払われる保険です。ゴルファー保険の傷害部分はゴルフ中の自分の怪我の他にボールを打ち込んだりして他人を怪我させた時の補償が含まれています。万一に備えて無制限ということもあります。損害保険はプレー中に自分のゴルフ道具が壊れた時に補償をしてくれる保険です。この三つの内容の組み合わせが保険料となります。

ホールインワン保険が保険の始まり

ゴルフの保険はホールインワン保険から始まりました。ホールインワンを達成したゴルファーがお祝いに多額のお金が掛かったため保険の必要性が認識されて始まりました。ホールインワン達成の可能性を確率で計算をして保険料を設定しました。しかしながら、実際には確率を大きく超えてホールインワンの保険手続きが採れてしまいました。保険会社ではホールインワン保険だけでは保険が成り立たないということで 新たにゴルファー保険ということで傷害と損害をセットにして売り出すことにしました。ホールインワンは認定されるためにはパートナーの他にキャディなどのゴルフ場関係者が証人にならなければなりませんが、依然として確率より多いということで、ホールインワン達成の極端に多いゴルフ場はブラックリストに載せられているようです。